訪問入浴バイトを探していこう

老人ホームの看護師は正直キツイ面と良い面がある。

良い面は、時間的な問題だ。
うちには夜勤がない。、だから結構時間的に余裕が出来る。
それに、看護師の人数が少ないから委員会などもない。休みの日はきちんと休める。そうなると、どうしても暇が出来る。

給料の面も問題はないが、もっと欲しくなるのが人間の性だ。お金が欲しい時は働くしかない。だからわたしは訪問入浴バイトを探して始めた。単発や日払いが出来るから縛られずに好きな時に入れる。どうも介護業界は人手不足のようで引く手あまただ。

こんな風に時間を自分のために使えるのが一番の良い面だろう。病院を辞めても充分やっていける。人生は豊かだ。

一方、キツい面は、昼夜間問わず死というものが常に身近にある仕事ということだ。病院でもそうなのだが、相手が高齢者になるともっと死が身近になる。

日中は誤嚥性の肺炎や転倒、転落による外傷の処置など突発的なこともあるがそれはいい。問題は夜間である。

私の勤務している老人ホームでは看護師の夜勤はなく、何かあった時には夜勤の介護スタッフから電話で連絡がくる。夜間の待機は正直辛い。

何もなければそれでいいが、呼び出される理由も様々だ。「熱が急に上がった、転倒して外傷がある」は程度にもよるが介護側で処置してくれることもあるので本当にありがたい。しかしだ、酸素濃度が下がった、脈が触れないなど死に直結する連絡を受ける時もあるので、おちおち風呂にもゆっくり浸かれない。

睡魔に負けそうになりうとうとしている時に電話が鳴ると、驚きで心臓がバクバクする。介護スタッフによってはテンパりすぎて何を話しているのか分からないこともあるため、その都度職場へ行く。

看護師も夜勤に入ってもいいんだけどなと個人的には思っているのだけど、それは無理なんだろうな。だって40代の未婚看護リーダーが無理だって言うのだから、それに従うことしかできない。上司も看護を夜勤に入れるつもりはないなんて言ってるし、夜間待機で自宅から職場の往復がしんどいなーと思う。